すだなび

30代の前向きな会社員の暮らし

iTQi優秀味覚賞は信頼度バツグンだからもっと評価されるべき

ちょっと贅沢をして美味しいものを食べたいという人へ
iTQi優秀味覚賞という信頼度バツグンの賞があるので是非とも参考にしてもらいたい。
Superior Taste Award (優秀味覚賞)シェフとソムリエが贈る食品・飲料品アワード


こういった審査には『誰が』審査しているかがとても大事だと思うんだ。
なぜかって、誰が計測したか分からない売上数や満足度なんて広告投下量や、情報の切り取り方で簡単操作できてしまうからね。


それに企業は売るために有利誤認スレスレの表現を使うこともあり、忙しくて情報を拾いきれない僕たちはついうっかりそんな売上や満足度に騙されてしまうこともある。


まぁ、広く一般的に受け入れられている商品を探すときには、そんな売上や満足度もそれなりに指標になるから良いのだけれど、こだわりの商品も買ってみたいときがあるじゃないですか。「いつもより贅沢をしてみたいんだ!」ってとき。


だけどさ、残念ながら値段が高いからって品質が良いとも限らないんだよね。
しかもそれは別に企業がぼったくってることが原因だとは限らないから困ったものだよ。
 
 
正月にさ、格付け番組がやってるじゃない。あのGACKT(ガクト)が絶対に当てちゃうやつ。あれって大御所と言われるような人も普通に間違うじゃない。普段から本物を食べてない人には細かい違いなんて分からないんだよね。

その点GACKT(ガクト)はワインでも肉でもいつも正解。まぁヤラセが100%無いかは分からないけれど、それでも他の人の間違いっぷりが凄い。


何が言いたいかというと、普段から本当に良いものを食べていない人には違いなんて分からないんだよ。企業が頑張って商品を作ったとしても、本物を知らない人が主観で判断をしたのなら、それは味覚のプロの判断とは異なってしまうことが大いにあるんだ。



でもさ。
企業の商品開発がどんなに素晴らしい味覚を持っているか、本物を知っているかなんて消費者は知ることが出来ないじゃない。
〇〇シェフ監修なんて言ったって何を監修したかも分からない。むしろ〇〇シェフがちゃんと料理を作っているかも分からない時代。もう正しい情報を個人が見抜くのは難しいのだよ。
 

だけど、、だけど失敗はしたくないんだ。せっかくいつもより贅沢するんだもの。。その贅沢品がまがい物だなんて辛すぎるじゃないか。くそう。どこかに安心して信頼できる機関は無いものか・・
 
 


そ こ で !
 
そこでお困りのアナタへの救世主。 iTQi優秀味覚賞ですよ!!
(前置きが超長くなってごめんね!)

International Taste & Quality Institute - iTQi (国際味覚審査機構) はブリュッセル(ベルギー)に本部を置く、世界中の食品・飲料品の「味」の審査をし、優れた製品を表彰・プロモーションする機関です。

審査員はヨーロッパで最も権威ある以下の15の調理師協会および国際ソムリエ協会(ASI)に属する一流シェフやソムリエで構成されています。

「誰」が審査するのか。そう、シェフやソムリエが判断するんだって!
彼らは「食」をナリワイにしているのだから自分の信頼を揺るがすような事はしないハズ。

それにソムリエってめっちゃ大変なんですよ。あれは好きじゃないと取得できない。僕もワインエキスパートを取得しようとしましたけど挫折しましたもん。生半可な気持ちじゃ取れません。


で、結局何がオススメなのかってね。
お待たせしました!コレですよコレ!

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DKMD0SO/ref=cm_sw_r_em_api_c_RdlxAb29Q1DGY
濃縮ゆずドリンク 金屋美人

銀座のAKOMEYA TOKYOで偶然にも見つけたのですがもうiTQiのマーク見た途端に値段を見ずに購入決定でした。


モノの"価格"は企業が決めるもの。
モノの"価値"は消費者が決めるもの。

僕にとっては、iTQiという信頼度がある時点で"価値"が高いものになります。1700円でも高いと思わないからね!


なぜかって実はこれより前に以下の商品をスーパーで買ったことがあり、そこでiTQiに対する厚い信頼を持っていたから。


ネットだと12本入りしかなくて残念だけど、スーパーに置いていることもあるから見つけたらぜひ買って欲しい。
このブログをわざわざここまで読むという偉業を成し遂げたのだから是非飲んでほしい。僕はこんなに美味しいリンゴジュース飲んだことないもの。本当に。


あぁ、もっとこのiTQi優秀味覚賞がみんなの贅沢品購入の判断基準になって欲しい。きっと後悔はしない筈だから。