すだなび

30代の前向きなエクスペリエンス

ヴェネチア観光〜カフェラテ発祥のカフェ・フローリアンへ〜【2017年感動の宝石箱ツアー】

日本旅行企画のイタリア旅行企画〜感動の宝石箱〜

ミラノ、ベネツィア、フィレンツェ、ローマの4都市を巡ってきました。2都市目は水の都ヴェネチアっ!

ヴェネチアは地盤沈下もあり、毎年数mm、10年経てば数cm沈んでしまう土地なのでいつかはなくなってしまうとも言われています。冠水することも多く、住みづらさと物価の高騰により人口は減り、今は6万人程度だとか。行けるときに行けてよかったな。


※ホテルから


※ゴンドラからの眺め


※サンマルコ広場近くの港にて

ジョジョ好きの僕としてもヴェネチアは訪れたかった街の一つ。ジョジョの奇妙な冒険5部で強敵ギアッチョと戦ったのもここヴェネチアです。ベニスと呼ぶとギアッチョさんに「ベニスって呼ぶんじゃねぇ」と怒られるのでベニスと呼んではいけません。ヴェネチア、ベネツィア、と呼びましょう。うん、ヴェネチア の夜、しっとりした港の景色も素敵ですね。

夜はカフェラテ発祥の地とも言われるカフェフローリアンにてコーヒーを飲む。お値段は席料6ユーロに加えコーヒーも10ユーロくらいとかなりお高め。でも味と雰囲気は抜群に良いです。

※カフェフローリアンの中から


※うっかりアメリカーノを頼んでしまう僕

アメリカーノはエスプレッソとお湯が出てきたのが面白かった。イタリアでのコーヒーはエスプレッソが普通だからね。お湯割りでも美味しかったです。

また、カフェの前のサンマルコ広場では演奏をしてくれていて心地よい音楽を聴ききながらコーヒーを飲むこともできます。カフェフローリアン、旅の思い出に良い場所です。

※演奏するイケメン達

ベネツィアは教会をじっくり観るなどはなく、フラフラと街中を散歩することが多かったです。路地が入り組んでいて迷路のよう。ここで鬼ごっこしたらまず捕まらないんだろうなと思ったけれど、意外と行き止まりが多いので道を誤ると川に飛び込むことになります。ヴェネチアを走り回る映画とかあったら見てみたい。

ベネツィアに限らずなのだけどイタリアは本当にジェラート屋が多いし美味しいです。そしてベネツィアのジェラート屋の店員さんはなんだか凄く美人だった。イタリアは美男美女が多い国ですねホント。

※街中のジェラート屋


※観光名所リアルト橋


※リアルト橋近くの免税店のカフェ


晩御飯はスマホ片手に路地をウロウロしながら現地のお店に突入。イタリア語が分からなくて苦労したけれど、なんとか注文することは出来ました。

※カプレーゼサラダ


※あさりのパスタ

もう1品頼んだのだけれど、お肉を頼んだつもりがイカが出てきてショックにより写真撮らずに終了。くそう、イタリア語難しい。

お店はこちら。Osteria alle Testiere.
予約必須らしいのですが、運良く席が空いていて入れてもらえました。日本人は一切いなかったけれどトリップアドバイザーでも高評価!メニューが読めればもう少し色々と注文したかったのにな、、イタリア語勉強しておけばよかった。


あとは「ため息橋」と呼ばれるこの橋も見どころ。なにがため息なのかと言うと、左の建物が裁判所と右の建物の収容所を繋ぐ橋だから。橋の窓からベネツィアの海を見て、「もう戻れないのだな。」とため息をついたと言われる橋。
こういった事を聴きながら観光できるのがツアーの良い所です。


さよならヴェネチア。アリーデヴェルチ。


ベネツィア写真スポット・サンマルコ広場
・カフェラテ発祥のカフェフローリアン
・リアルト橋
・ため息橋
・ゴンドラからの眺め
・ヴェネチアングラス工房
・ベネツィアの斜塔

写真撮るの忘れましたがベネツィアにも斜めになっている斜塔があります。地盤沈下もあるので生きている内に塔が倒れてしまうんではなかろうかと心配。まぁそうならないよう補強はするのだろうけど。

注意点・サンマルコ広場では観光客向けの物売りに注意
・路地では署名詐欺に注意
・本場のヴェネチアングラスはグラス1個50€くらい。破格に安いのは中国産
・ベネツィアの川は少し臭う

物売りは、なんか空高くとぶ光る竹とんぼみたいなやつと、潰れるスライム(ブタ?)が多かったです。
スライムは潰れると同時に「ピャーッ!」と鳴くのでちょっと残酷。
つぶれる赤いブタさんのクラッシュボール。笑っちゃいましょう! - YouTube
光る 竹とんぼ スピンフォール 【 うろうろ和歌山 】 和歌山県 和歌山市 - YouTube

署名詐欺は寄付のために署名と募金を募る詐欺集団です。笑顔で「アーユー、ジャパニーズ?」とかつい「イェース」と反応してしまうような簡単な言葉で話してくるので注意。返事するのはいいですが、署名させられそうになったら「ノー」と言って去りましょう。特にしつこくされないので去れば大丈夫です。

ヴェネチアングラスは職人の仕事を見るとつい買いたくなりますね。我が家はあまりヴェネチアングラスの雰囲気が合うような家ではないので買いませんでしたが素敵なグラスでしたよ!

あとベネツィアの川は水の循環がされないのかちょっと臭う場所がある。万が一落ちたらと思うと恐ろしいです。


続いてはフローリアンことフィレンツェへ向かいます。個人的に一番好きな街フィレンツェ!

to be continued..


ミラノ観光〜最後の晩餐とダ・ヴィンチ像の鑑賞〜【2017年10月感動の宝石箱ツアー】 - 前向きエクスペリエンス
イタリア旅行(6泊8日ツアー)の持ち物、両替、レンタルwifiの目安 - すだなび