すだなび

時間も、やる気も、お金も、愛も、自らの行動によって作ればいいのさと思う余裕型ビジネスマンのブログ

【書評】宝くじで1億円当たった人の末路

書籍:宝くじで1億円当たった人の末路
著者:鈴木信行
 
 
ぶらぶらとツタヤの書籍コーナーをみていた時に目に入った本『宝くじで1億円当たった人の末路』

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路


僕は宝くじ否定派なのでこんなタイトルを見た日にはホイホイと手に取っちゃうワケですよ。あーあ。。

ささっと読んで見ましたので感想書きます。

 

率直な評価

個人評価お役立ち度★★☆☆☆
面白さ  ★★☆☆☆
読みやすさ★★☆☆☆

もうタイトルで勘違いした!
全部宝くじに関することかと思ったら宝くじの濃い話は最初の13ページほど。

本編は宝クジがあたったひとを含む以下の人の末路を23個解説している本。

"やらかした人"
"孤独な人"
"逃げた人"
"変わった人"
"怠惰な人"
"時代遅れな企業"
"仕事人間"

3個くらいしか記憶に残らないけど。

内容紹介

「当たったらどう使う?」で家族喧嘩

冒頭、いきなりこんな話が出てくるのですが、これを聞いたとき、「あるある!」と思いました。

「もし当たったら半分ちょうだい!」

「え、いやだ。」

「家族なのにひどい!」

と取り分で揉めるパターン。

「当たったら何に使う?」

「タワーマンションに引っ越し!」

「え、タワーマンションなんかいやだ。」

と使い道(価値観)で喧嘩になるパターン。

お金が増える妄想の話なのに、こうやって揉めるかもしれません。(僕はありました)

当たっていないのにこんな状況だと当たったらもっと怖いね、だから宝くじなんて買わなくていいよ!ということを伝えてくれる話なので、宝くじの話は別に良かったんです。フムフムと楽しく読みました。

でも、このタイトルつけるならホントもっと宝くじの話をして欲しかったよ。。

この本を買った人の末路




見て分かりますよね。評価 1 多すぎ。
クッソー、書店で衝動買いする前にアマゾンを見ていれば良かった。。

買った人の末路(レビュー)はこう。

とか


とか


こんな感じ。


ほんと同感です。

みなさんも買う前にレビュー見ましょうね。

(あとカテゴリ「宝くじ」じゃないと思う。)

宝くじ買うならビットコイン買うよ


当たらない宝くじに夢を抱いたり、
中身のない本に無駄にお金を払うくらいならビットコインを買った方がいいと思うこの頃。

宝くじを買えばほぼ確実にお金を全額失うけれど、ビットコインを買ったら何を失うのだろうか?


僕自身、最近買ったのだけれど使い勝手良いしインフラが整えば爆発的にユーザーも増えそうな予感。

bitcoinレート(2017/8/16時点)


直近1ヶ月で2倍になってますからね!

「ここまで伸びたらもう伸びないんじゃない?」

と、根拠も何もない不安も覚えるけれど、少なくとも宝くじよりは伸びる期待が持てるんじゃないかな。

少し出遅れ感もあるけれど、僕もこれからコツコツ買おうと思ってます。

最後に

や、別に最初はビットコインの事を書くつもりは無かったんですよ。

宝くじなんて買わない方が良いと思っている価値観に加え、本を買ってお金を無駄にした悲しみが相まって「ビットコイン最高!」で締める形の記事になってしまいました。

でも、本当にビットコイン始め仮想通貨は宝くじよりも期待できるので

「ちょっと気になるな」

「自分も買ってみたい!」

という方は、宝くじを買うのをやめてビットコインを買いましょう。ホントに。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

あ。大事なこと言います。
取引所coincheckの口座開設ってアフィリエイトをやってるんですよ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

なのでビットコインのブログ記事を見るとやたら「coincheck!」と言っているのを見ると思いますがこれが理由の1つですね。もちろん使い勝手が良いのも大きな理由です。

(このブログを読んでくれたのも縁と捉えて、もしここから開設してくれる方がいたら僕、かなり嬉しいです。)


※アフィリエイトは口座開設者なら誰でも参加できるので使ってみて良かったら友人知人に紹介して見るのも良いかと思います。

なんかお金の話になっちゃったけど、まぁ宝くじがタイトルの本の話だしいいよね。

もし有難く報酬を頂けたらまた本を買いたいと思います!