すだなび

時間も、やる気も、お金も、愛も、自らの行動によって作ればいいのさと思う余裕型ビジネスマンのブログ

住宅ローン控除で無事、所得税還付されました!!

3月にドタバタと確定申告してからすっかり忘れていたのですが、住宅ローン控除により無事所得税が戻って来ました。

住宅ローン控除は、住宅ローン残高の1%分、所得税の還付や住民税の減額を10年間してくれる制度で、今回この所得税の還付金が振り込まれた形になります。


【最新版】これくらいは知っときたい、源泉徴収票の見方! - みんなの給与計算教室

上記の源泉徴収表は流用させていただいたものなので実際僕に還付された金額とは違いますが、上記の④に相当する金額が還付されてます。

「住宅ローン控除 いくら?」 という、形で検索する人もいると思いますが、画像の④の部分が所得税額になるので、もし住宅購入を検討している人がいたらご自身の源泉徴収票のこの箇所が戻ってくると覚えておくとよいかと思います。

ちなみに納めた所得税以上のお金は戻ってこないので、住宅ローン残高の1%より所得税が少ない場合、残りの金額は住民税から調整されます。確か最大136,500円。

これは6月の給与明細から住民税が減って計算されるのかな?たぶん。このあたり詳しくは他サイトを色々とみて下さい。
住宅ローン控除で住民税も減税になる?! その仕組みと注意点を紹介 | ARUHIマガジン


控除について、ややこしかったのが税額控除と所得控除の違い。
住宅ローン控除は 税額控除で生命保険料控除は 所得控除にあたるのだけど、この2つの違いは覚えておいた方が計算の間違いも減るかと思います。

年収から"所得控除"などもろもろを引いた金額が課税対象として決まり、その金額に応じて所得税率を掛けたのが所得税なのだけど、その所得税に対して控除できるのが"税額控除"。

例えば保険料5万円控除というときは、課税対象が5万円減るだけなので、実際は所得税率を掛けた5000円くらいしか税金が減らないわけですが、住宅ローン控除は所得税自体をダイレクトに減らせる超お得制度なのです。

確定申告面倒だったけどちゃんと申請してよかった。。

節税大事だなー