すだなび

時間も、やる気も、お金も、愛も、自らの行動によって作ればいいのさと思う余裕型ビジネスマンのブログ

個人的なヒット曲【2017年2月】

気になった曲を貼ります。ちょっと読み込み重いケド勘弁を。。
 

■ What Do You Mean? / Justin Bieber

 

www.youtube.com
 
最初は曲の雰囲気が好きだったんだけど、観てみると詩も良いし、PVも良い。ジャスティン・ビーバーってめっちゃイケメン。
曲もセクシーだし、詩も良いし、歌い手もイケメンとくればこりゃ憧れるわ。
  
 
ソフトバンクのCMでも放映されていましたね。歌っているのはCMの途中で「Hey,スズ〜」と呼びかけるジャスティン・ビーバー。それほど音楽に詳しくない人でも名前くらいは聞いたことあるんじゃないかと。
www.youtube.com
 

What Do You Mean?

What Do You Mean?

  • ジャスティン・ビーバー
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


この曲も気に入っている曲です。Sorry。
www.youtube.com

この曲がジャスティン・ビーバーって知った時びっくりしたな。
ジャスティン・ビーバーといえば「Baby」の印象だったからこんなテイストの曲を歌ってるとは思わず。一気に好きになった曲でもあります。
 
音楽まずは詩を気にせずなんとなく曲の雰囲気を聴くのだけど、翻訳された歌詞を見てみると「What do you mean?」に続きこっちもまた良い。なんとなくタイトルから察しはついていたけど音楽ともとてもマッチしていて良いです。
上記のリンクは和訳が無いので和訳は以下の映像から。(※ただ映像のダンスがなかなか強烈でそっちも気になってしまう。)

www.youtube.com
 
歌詞読んでいて「うんうん、わかるわかる。」なんて思うけど、ジャスティン・ビーバーって22歳なのね。32歳の心にもめっちゃ響きます。すごい感性してますね。ジャスティン先生さすがっす。
 

説明は不要かもしれないけど、ちなみにこちらは昔の曲。「Baby」
www.youtube.com
 
当時とは声も変わったね。当時16歳かな。改めて聞くとこの曲もこれはこれで良い。

 
ジャスティン・ビーバーの勢いが止まらないので、ついでにもう1曲だけ貼り付けてみる。

「Love yourself」
www.youtube.com
 
この曲も落ち着いたメロディーで聴いていて心地よい。
このPVも動きが面白くて見ていて飽きないね。
 
でもこれも失恋ソングなのかな。和訳の歌詞付きの動画は以下。
www.youtube.com
 

TREAT YOU BETTER / Shawn Mendes

 
続いては同じカナダ出身のショーン・メンデス。
ジャスティン好きな人にはこっちもいいんじゃないかな。
ジャスティン・ビーバー、“後輩”ショーン・メンデスを熱烈応援! 「真の才能は、曲を通じて心を動かすんだ」 | 海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ
 
なんと年齢は18歳。10代のパワーって凄いよね。人を惹きつける力がある。

www.youtube.com
 

よし、では次!

Drive It Like You Stole It / Sing Street


これは映画「シング・ストリート」の挿入歌。TsutayaでPVが流れていたのを観てビビっと来ました。この時代の音楽ってなんか惹きつけられるんだよね。映画の紹介文を抜粋すると以下の通り。

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった――。

映画『シング・ストリート 未来へのうた』公式サイト

「僕のバンドのPVに出ない?」ってどんなメンタルしてるんですか。メンタル強すぎだけどそんなシーンいいね。憧れる。「さすがコナー!俺たちに出来ないことを平然とやってのけるっ!!そこにシビれる、あこがれるぅ!」(※劇中にこんなセリフは無い)



www.youtube.com
 

 

DON'T TAKE AWAY THE MUSIC / TAVARES

 
続いては1970年代の音楽。
ラジオを聞いているとふとこういった昔の曲も流れてくるんだけど、昔の曲を知るすごく良い機会になっている。ラジオの魅力ってこういうところだなと思う。
 
この曲もJ-waveを聴いているときに流れてきた曲なのだけど心地よい。休日に家で流しておきたい曲。
最近のクラブミュージックも好きだけどちょっと激しすぎるなーって時はディスコミュージックくらいがちょうど良い。
 
www.youtube.com
 

Play That Song / Train

  
この曲もいい!!トレインって知らなかったけど一気に好きになりました。
これはJ-wave TokioHot100 の中でちょっと流れただけだけどついつい聞き入ってしまいました。このくらいのテンポ好きだなー。PVも音楽と合わさって楽しげで素敵な雰囲気に仕上がってます。
テレビやラジオだと楽曲のPVまでしっかり見ることはないけど、こうやってPVまで見るとやっぱり曲に対する印象も違うね。
 
何か曲を聴く時に、PVだったり、自分の思い出だったり、何かしらの映像と照らしあわせて想像することでより一層曲が好きになるなと改めて思いました。

www.youtube.com
 

ふー、長くなったので一旦このあたりにしときましょうかね。

 
★前回1月分はこちら
sudanaoya.hatenablog.com